勃起力向上に悪影響を与える自律神経の乱れとストレスはセックスレスの原因でもある

こんにちは、松井です。

現代という時代は、誰でもストレスにさらされ、ストレスの影響で、勃起力が低下する可能性があります。ストレスというのは、人を自殺に追いやるほど、人にダメージを与えるものです。

ストレスと同じように、自律神経の乱れは勃起力に悪影響を与え、セックスレスの原因にもなっています。

この記事では、自律神経の乱れとストレスについてお伝えします。

自律神経とは?

自律神経という言葉はよく聞く言葉ですが、どのような神経でしょうか?

僕たちが眠っているあいだも、心臓は動いていますが、僕たちの意志とは関係なく、僕たちの為に働いてくれているのが、自律神経なのです。

僕たちの意志とは関係なく動いているのは、心臓だけではないですよね。心臓以外の内臓も動いていますし、血管も動いていますし、体温などを一定に保ったりもしてくれているのです。

そんな非常に頼もしい自律神経ですが、2種類あります。ひとつが、「交換神経」、もうひとつが、「副交感神経」です。この2つがバランスを取りながら、僕たちのために働いてくれているのです。

現代人なら誰でも感じているストレスですが、ストレスや急な緊張を感じると、2つのうち交換神経の方が優位になってしまうのです。

たとえば、殺人犯に追われて、生きるか死ぬか、みたいなときには、交換神経が優位になって、副腎髄質ホルモンであるアドレナリンとノルアドレナリンが分泌されます。

よく「アドレナリンが出ている」という言い方をするときがありますが、まさにこういうときのことを意味しているのです。

こういうときは、そもそも性欲が起こりません。当然ながら、勃起もしません。勃起するためには、リラックスした状態が必要なのです。

リラックスした状態になると、副交換神経が優位になります。

つまり、自律神経には、交換神経と副交感神経とがあって、バランスを取りながら働いているのですが、リラックスした状態になると、副交感神経が優位になって、性欲も沸いてくるし、勃起もするということなのです。

ですので、勃起力を改善するためには、リラックスする必要があるのです。

現代は緊張することばかりなので性欲が沸かないのだ

僕たち現代人の生活を振り返ってみると、緊張するようなことばかりで構成されているような気がします。

会社へ行けば、人間関係などで緊張して、街中では騒音が、そして、テレビやネット、スマホやケータイなどがあって、リラックスできる状況ではありません。

スマホやケータイというのは、それらが発する光が僕たちの脳を刺激して、神経を高ぶらせるのです。

自宅に帰れば、嫁さんにガミガミ言われて(そうでない家庭も当然ありますが)、行き場所もなく、四六時中、緊張しっぱなしです。

こんな状態では、リラックスできず、ますます性欲もなくなって、勃起力がさらに低下するのです。

勃起力の低下は精神面が大きく関わっている

今までびんびんに勃起していたのに、急に勃起力が弱まった場合、その原因はメンタルにあると言える場合が多いです。

僕たち男は、性的なことに関しては、ものすごくデリケートで、「はやッ!!」と言われたり、相手の女性が楽しそうな表情をしていないだけで、自信を喪失して、萎えるようになるのです。

一度、起たないという経験をすると、「また起たなかったらどうしよう?」という気持ちが芽生え、交換神経の緊張が続き、副交感神経へ切り替わらないために、性欲が沸かずに勃起力が低下してしまうのです。

僕も女性に「小さッ!!」「はやッ!!」と言われて、勃起力が悲惨な状態になったことがあります。小さいと自覚しているのですが、女性に言われたことで、精神的なダメージを負ったわけです。

セロトニンが必要になる理由とは?

僕たちの体はストレスを受け続けると、副腎皮質から男性ホルモンを原料とするコルチゾールが必要以上に分泌されるようになります。

コルチゾールは男性ホルモンを原料としているので、増えれば増えるほど、男性ホルモンが減ることになります。

つまり、ストレスを受け続けると、男性ホルモンが減り続けることになるのです。

ちなみに、コルチゾールは作られるときも分解されるときも活性酸素を発生させます。活性酸素が増えると、勃起力がなくなります。

ストレスを受け続けると、活性酸素も発生して、男性ホルモンも減り続けるという悪循環に陥ってしまうのです。

そこで登場するのが、セロトニンです。

セロトニンは、自律神経のバランスを整えてくれます。交換神経と副交感神経が、スムーズに交換するように働いてくれるんですね。

 

以上、自律神経の乱れが勃起力の低下やセックスレスに導いてしまう原因となることをお伝えしました。

勃起力を高めるためには、知っておいたほうがよい知識があって、それを学んだ上で、対策を立てることが、勃起力を高める有効な対策になると僕は思っています。