勃起力が低下する4つの原因とは?この4つ(器質性・心因性・混合性・薬剤性)のパターンを理解しろ!

こんにちは、松井です。

男なら誰だって、いつまでもビンビンな状態で生活したいものです。しかし、年々、勃起力は低下してしまっています。そもそもなぜ勃起力は、低下するのでしょうか?

原因がわかると対策も立てられますよね? 現代の医学では、勃起力が低下する原因は、大きく分けて、4つほど存在すると考えられています。原因と言いますか、勃起力が低下していくパターンです。

そこで、今回の記事では、勃起力が低下するパターンを考えてみます。

勃起力が低下する4つのパターンとは、器質性、心因性、混合性、薬剤性の4つです。では、詳しく見ていくことにしましょう。

①器質性の原因

器質性の原因とは、加齢、動脈硬化、生活習慣病などによって起こる勃起力低下です。加齢は歳を取ることですね。

動脈硬化とは、血管が老化してしまい、血管に柔軟性がなくなり、硬くなってしまうことです。動脈硬化が起こると、血管が充分に広がらなくなって、血液の流れが悪くなるのです。

風船も柔軟性のあるゴムでできているので、たくさん水を入れても膨れていきますが、スーパーの袋などで風船ができていれば、水がたくさん入ってしまうと、膨らむ前に破裂していしまいます。

勃起するためには、陰茎海綿体にたくさんの血液が流れ込む必要がありますが、血管が硬くなると、たくさんの血液が流れ込まなくなって、勃起しても充分な硬さにならないのです。

ペニスがびんびんにはならずに、ふにゃッとなってしまうのです。つまり、血管に関係のある病気になると、勃起力が低下するわけです。

糖尿病、高脂血症、高血圧など、いわゆる生活習慣病と言われている病気は、すべて血管に関係する病気でして、これらの病気になると、血管に大きな負担がかかってしまうのです。

血管に負担がかかるので、血管が傷ついてしまって、健康な人より、動脈硬化が進行してしまうのです。その結果、勃起力の低下につながるのです。

ここでは、勃起力を高めるためには、血液がサラサラな状態になっている必要があるということを覚えておいてください。

②心因性の原因

心因性の原因とは、早い話がストレスのことです。現代はストレスがたまる時代です。とにかく気をつかう必要がある社会なのです。

会社でストレスがたまり、プライベートでもストレスがたまり、うつになる人もたくさんいますよね。そして、残念なことに自殺してしまう人も多いです。

日本は先進国の中でも自殺する人の数が多いと言われている国です。

経済的窮乏、借金、家庭内の人間関係の悪化、離婚、DV、精神疾患、失業、いじめ、パワハラ、アカハラ、差別などなど、自殺の原因は本当にたくさんあります。

僕が幼い頃は、自殺するのは小説家だけかと思っていましたが、今では、普通に人が自殺する世の中です。

心因性の原因は、ストレスだけではありません。僕たち男の場合、女性からのちょっとした言葉で傷つくことがあります。

僕は20歳前後の頃は、超びんびんでした。ジーパンをはいて勃起すると、ペニスが痛いほどでした。これは、あなたも経験されていますよね? 男ならほとんどの人が経験すると思います。

ある女性とセックスしたときに、3こすりくらいで、射精してしまって、その女性に「はやッ!!」と言われたのです。この経験があって、僕はしばらく女性とセックスできなくなったことがあるのです。

このようにストレスではないけれど、男性にとって、精神的な原因で勃起できなくなることはよくあることです。

ちなみに、その女性に「はやッ!!」と言われたとき、僕は「いや~、今日はちょっと疲れてて…」という言い訳をしたんですね。

見方によると、彼女は事実を述べただけかもしれませんが、彼女の言葉を素直に受け入れられませんでした。男としての自尊心をズタズタにされたような気がしたのです。

男って、ものすごくデリケートなんだと、僕はそのとき思いました。本当にちょっとしたことでも勃起力は低下してしまうのです。

③混合性の原因

混合性の原因とは、さまざまな原因が組み合わさっている場合です。生活習慣病の方がストレスをためたりして、さまざまな原因が、複雑に絡み合っているのが、混合性の原因の特徴です。

そもそも、歳を取れば、男は誰だって、病気のひとつやふたつあるものです。もちろん、健康的な人もたくさんいますが、病気の人もたくさんいます。

健康な人も絶対に加齢には逆らえませんので、遅かれ早かれ、勃起力が低下するものです。何も対策を立てないなら、そのまま勃起力は低下していくだけです。

だからこそ、勃起力改善のため努力をするメリットがあるのです。

④薬剤性の原因

今現在、服用している薬が原因となる場合です。代表的な薬では、利尿剤、降圧剤、抗うつ剤、抗精神病薬、睡眠薬などが知られています。

まとめ

勃起力が低下するパターンは、大きく分けて4つあり、その4つとは、器質性の原因、心因性の原因、混合性の原因、薬剤性の原因です。

一度、あなた自身の生活を振り返って、勃起力が低下した原因を探ることが大切だと思います。