勃起の原理を知って勃起力を高めよう!勃起の3つのプロセスとは?

こんにちは、松井です。

歳を取れる取るほど、勃起力は弱くなってきます。人間だから老化には勝てないのですが、それでも死ぬまで勃起力を保ち、女性とエッチを楽しみたいですよね。

そもそもなぜ勃起力は弱くなるのでしょうか? その原因を探ることによって、改善点が見つかると思うのです。

そこで今回の記事では、勃起の原理はどうなっているのか、ということをテーマにしたいです。

勃起には3つのプロセスがある

勃起する原理というのは複雑ですが、勃起する過程を3つのプロセスに分けると理解しやすいです。

①脳が性的な刺激を受ける

②その性的な刺激が神経に伝わる

③血液が血管を通ってペニスに流れる

僕らはいきなり勃起するわけではありません。もし、何の前触れもなく勃起するなら、非常に困る場面も出てきますよね?

そうではなく、勃起する前の段階で、脳が刺激を受けなければならないのです。刺激とは、もちろん、性的な刺激です。

性的な刺激を受けることで、その刺激が神経を伝わって、神経に伝わった刺激が、ペニスの海綿体に伝わり、ある成分を放出します。

この成分がある物質を産出し、この影響でペニスに大量の血液が流れ込み、勃起するのです。

では、さらに詳しく説明します。

①脳が性的な刺激を受ける

僕たちは興奮すると刺激を受けますが、それはさまざまな感覚器官を通して受けます。たとえば、視覚、聴覚、触覚、臭覚などです。(もちろん、味覚もありますが)

女性の裸を見たり、女性の声を聴いたり、女性の肌に触れたり、女性の匂いを嗅いだりすると、興奮しますよね? 女性を舐めたりという味覚も当然ながら刺激です。

このような性的な刺激が、脳の中にある前頭葉に入って、大脳辺縁系や視床下部へと伝えられます。

性的な刺激が、大脳辺縁系や視床下部に伝えられると、今度はこの場所で、性的な興奮が起こります。

つまり、性的な刺激は、脳を通って、性的な興奮に変換されるわけなのです。

②その性的な刺激が神経に伝わる

性的な興奮が起こりますと、その情報が、脊髄を通って、背骨のいちばん下にある勃起中枢と、ペニスの陰茎海綿体の神経へと伝わります。

③血液が血管を通ってペニスに流れる

「陰茎海綿体」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、この海綿体はペニスの中にあるスポンジ状の組織で、この組織に血液が流れ込み、大きく膨らむことによって、勃起するのです。

ちなみに、ペニスの中には、3本の海綿体が並んでいて、1本が尿道海綿体、残りの2本が勃起海綿体です。

尿道海綿体には、その言葉通り、尿道が通り、精液が流れる通路ともなっています。また、勃起海綿体は、丈夫な繊維の層に覆われています。

ですので、大量の血液が流れ込んでも大丈夫なんですね。

「一酸化窒素」(NO)という言葉をお聞きになったことがあるかもしれません。バイアグラなどのED薬は、この一酸化窒素を増やすものです。

この一酸化窒素は、性的な興奮が陰茎海綿体に伝えられると、その神経の末端から発せられるのです。

この一酸化窒素には、血管拡張作用があります。ほかには、抗動脈硬化作用や、血管平滑筋細胞(収縮する機能を担っていて、動脈硬化に関係しています)の増殖を抑制する作用や、神経伝達などでの情報伝達作用、殺菌作用など、さまざまな働きが報告されています。

まさに万能成分という言葉がふさわしいです。この驚くべき万能成分の発見(一酸化窒素のシグナル機能の発見)により、フェリド・ムラド、ロバート・ファーチゴット、ルイ・イグナロは、1998年のノーベル生理学・医学賞を受賞しているほどです。

この一酸化窒素は、「サイクリックGMP」という物質をたくさん産出します。この「サイクリックGMP」とは、何ぞや?ということなのですが、細胞内信号伝達物質として働くとされているものです。

この「サイクリックGMP」という物質の働きによって、海綿体が緩んで大量の血液が流れ込み、勃起するのです。

なぜ海綿体の中に血液が流れ込むと勃起するかと言いますと、陰茎海綿体が膨らむと、それを包んでいる繊維の層が引きのばされ、海綿体の中から出て行こうとする血液の流れを圧迫して、流れを阻止してしまうのです。

海綿体に血液が流れ込んだままの状態を保つわけですね。小難しい話もありましたが、こういうプロセスをへて、僕たちのペニスは勃起するようになっているのです。

勃起するプロセスを理解した上で勃起力を高めるためには何が必要かを考えよう

海綿体に血液が流れ込んだままの状態が続き、勃起が維持されますが、射精すると、性的な興奮が収まり、海綿体へ流れ込む血液の量も少なくなり、ペニスはしぼんでしまいます。

 海綿体へ流れ込む血液が少なくなると、内部の圧力が下がって、さらには、海綿体から出ていく血液も流れ出すので、ペニスは小さくなっていきます。

風船も空気を入れずに、同時に空気が抜けていくと、しぼんでしまいますが、あんなイメージです。

長々と僕たちのペニスが勃起する過程を見てきましたが、非常に重要な3つの要素である「脳」「神経」「血管」のいずれかにトラブルが発生すると、勃起力は低下すると言えます。

この3つの要素が、勃起力改善あるいは勃起力パワーアップのカギとなります。